» 未分類のブログ記事

ホンダ・N BOX

| 未分類 |

現在四輪駆動を選択する事が出来る軽自動車は実に様々な種類がありますが、せっかく購入するなら最新式のものに乗ってみたいところです。ホンダ・N BOXはホンダが開発した最新の軽自動車で、ホンダでは初めて手がけたスーパーハイドワゴンとして大きな話題を呼びました。2012年には派生タイプのN BOX+を販売するなど現在も高い注目を集めているそうです。そんなN BOXの人気の秘密とは一体何なのでしょうか。

 

ホンダN BOXには空間効率を最大限に生かす造りになるように設計されたといいます。軽自動車では最大級の室内長を誇る218cmという破格のスペースは大人4人が乗っても圧迫感を感じさせません。室内高も140cmもの高さを確保しているので背の高い荷物も簡単に詰め込めるでしょう。最近注目を集めるようになった環境保護に関しても取り組んでおりエンジンやエアコンの動いを燃費優先で自動調整する事が出来るECONモードを搭載したり、燃費に良い運転をすることでメーター表示を変化させて得粉運転をしているかどうか一目で分かるエコインジケーターを装備するなど様々な形でエコな運転を支援してくれます。その他にも様々な魅力があるのでぜひ一度N BOXに実際に触れてみてください。

 

 

 

 

 

 

ダイハツ・ミライースは「第3のエコカー」をコンセプトに開発された最新の軽自動車で、昨今の環境意識や低価格化志向の声に答える事が出来る大変優秀な軽自動車として非常に高い注目が集まっています。駆動方式もFFと4WDから選択する事が出来るので、冬道などを走る事が多いという方も安心してミライースの乗り心地を体験する事が出来るでしょう。

 
ミライースの最大の特徴は低燃費、低価格、省資源の3つにあります。環境保護のために今ある技術だけで最大限燃費を良くしてガソリンの消費量を抑える事が出来るようになりましたし、本体価格も最大限下げる事が出来るよう部材の配置や材料の選定など削れるコストを徹底的に削ることで様々な最新機能を搭載しているにも拘らずメーカー希望小売価格は99万5千にまで抑える事が出来ました。もちろん第3のエコカーのコンセプトの通り環境保護にとことんこだわったことでCO2の排出量から製造する際使用する資源まで減少も実現しており、今までの軽自動車とは比較にならない位のポテンシャルを秘める事に成功しました。

 
2011年から販売を開始してからまだ2年しか経っていませんがその反響は非常に大きく、販売一周年を記念したモデルを発売するなど現在販売されている軽自動車の中でもトップクラスの人気を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

スズキ・ジムニー

| 未分類 |

スズキ・ジムニーはスズキが開発したオフロード専門の四輪駆動軽自動車で、数ある四輪駆動軽自動車の中でも非常に高い評価を得ていることで知られています。1970年に販売されてから既に40年以上が経過しているにも係わらず多くの方から支持を受けており、日本国内はもちろん海外にも多くのファンがいるといいます。底までこのジムニーが愛されている理由とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

ジムニーの最大の特徴は世間の時流に一切流されない独自にこだわりにあります。ジープ以来の伝統的な四輪駆動の構成を徹底して守り続けており、振動や重量の増加を一切気にせずに強度と耐久性の重視を第一に考えたラダーフレームを使用し続けたりサスペンションも今時固定軸のままだったりとその見た目通りの頑固な造りが高い信頼性となってそのままこの車の人気に繋がっています。

 

ジムニーはその見た目どおりオフロードでの使用を第一に考えられています。そのため一般道での利用を前提に軽自動車を購入する予定という方には全く適していないといっても良いでしょう。その代わり悪路をどんどん走ったり悪天候でも問題なく走らせる事が出来るようなタフな車を探しているという方にはこれ以外の選択肢は無いといっても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

四輪駆動車にはフルタイムとパートタイムの2種類があります。最近ではフルタイムのほうが主流になっているといわれていますが、中古車の中にはパートタイム式のものも多く存在するので中古車を購入する予定という方の中にはフルタイムとパートタイムの自動車のどちらが良いのか迷っているという方もいるのではないでしょうか。では一体フルタイムとパートタイムの違いとは何なのでしょうか。

 

フルタイムとパートタイムは駆動系の切り替えが出来るかどうかの違いがあります。フルタイムは常に四輪駆動の状態のまま走る続ける事が出来、パートタイムのほうは状況に応じて四輪駆動と二輪駆動の切り替えを行えます。そのためパートタイムの車のほうが燃費を抑える事が出来るので維持費を抑える事が出来るという特徴があります。対してフルタイムのほうは安定した走りを行なう事が出来、高速走行時や悪路でも変わらないペースで走り続ける事が出来ます。

 
新車を購入する場合は大体がフルタイムになっているといわれていますが、主流になったとはいってもパートタイム方式を採用している車種も無いわけではないので自分の使い方や現在の予算など身の回りの状況に応じてどちらかを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

redcar480

 

四輪駆動軽自動車には色々な種類がありますが、どれを購入したら良いのか迷ってしまっているという方はまず自分がどんな形で車を利用するのかどうか改めて考えて見ましょう。使用目的などに応じて人気の車種は異なってきますが、自分の使用目的に合致するものの中からさらに人気の車種を絞り込めばどれを購入すれば満足する事が出来るかを固める事が出来るでしょう。

 

四輪駆動軽自動車を購入する際はまず自分が車を使う環境について考えてみましょう。例えば何の舗装もされていないような道を走ったりする場合は耐久性の高い車種を選んだりより馬力のある車種を選べば問題なく走り続ける事が出来るでしょうし、それほど悪路を走らないけれど普段のお買い物や子どもの送り迎えなど日常生活で積極的に活用したいという方の場合はスペースが広い車のほうが便利でしょう。その他にも色々な使用目的があるかと思いますが、自分が使う光景を思い浮かべつつそれらの希望に合致する車を探してみてください。

 
車選びは適当に選ぶと今後の生活にも大きな影響を与えます。それほど必要でもないのにオフロード車を買って燃費に苦しめられたり、雪道を安心して走る事が出来なくなるなど失敗例は数多く報告されているのでそんな失敗例の一つを生み出さないように理想の車を探しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北国にお住まいの方で軽自動車を購入する予定という人は自動車選びが非常に重要です。雪道になった時安定した運転が出来ない車に乗っているとテクニックがそれほどないという方は確実に事故を起こしてしまうので、オールシーズン安心して運転し続ける事が出来る車を探さなければなりません。その点を4WDの軽自動車は劣悪な路面状況であっても安定した運転を行なう事が出来るのでオススメです。もちろんそれ以外にも様々なメリットがあるのでそちらにも注目してみましょう。

 

4WD軽自動車のメリットは運転時の安定性はもちろんですが、何より普通車と比べてあらゆる費用を抑える事が出来るのが高ポイントです。購入費はもちろん導入した後の税金や車検、保険といったありとあらゆる費用を安く抑える事が出来るので、初めて自動車を購入したという方やセカンドカーを購入するという方などにオススメです。さらに最近の軽自動車は昔のものと比べて安全性もアップしているので万が一の事態が起きたときでも安心できます。普通自動車は性能も高めですしスペースが広い車が多い分ファミリーカーには向いていますが個人で使用するという方には軽自動車のほうが向いていると思われるので、購入する車を何に利用するかで選んでみても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

四輪駆動の軽自動車を購入する際どのメーカーの軽自動車をするか迷うという方は非常に多いと思いますが、中には迷う以前に各メーカーごとに違いがイマイチ分からないという方も少なくないかと思います。当然違う自動車メーカーなのですからそれぞれ違った個性があるので、四輪駆動の軽自動車を購入する時に限らず各メーカーの特徴について位は簡単に知っておいたほうが良いでしょう。

 

自動車メーカーにはそれぞれ得意分野があるものです。軽自動車だけに限定してメーカーを選ぶのであれば軽自動車を多く製造しているメーカーに注目するのが良いでしょう。例えばスズキは昔から軽自動車を多く出していることで知られており、独自のこだわりを多く持つといわれていますし、ダイハツはスペックが全体的に優秀で広い室内を持つという特徴を持っています。その他にもホンダや三菱など様々なメーカーが軽自動車を販売しているのでそれぞれの特徴を一度調べてみましょう。

 

軽自動車は普通車に比べて安く手に入れる事が出来る分性能面では割を食っている感慨なめません。特に四輪駆動車を導入するという方は悪路で自動車を利用する機会が多いので、性能面には特に気を配るようにして買うべき車を選びましょう。

四輪駆動車は雨天時や雪道、未舗装道路などの悪路を安定して走行する事が出来ます。当然四輪駆動の軽自動車は各メーカーごとに数多く販売されており、それぞれ違った個性を持っています。多くの方は各メーカーの中でどの自動車が良いのかが期になっているかと思いますが、どこも一長一短あるというのが正直なところなのでどのメーカーの自動車を選ぶのかは実際に各メーカーの特徴を見た上で判断するようにしたほうが良いでしょう。

 
現在に至るまで四輪駆動の軽自動車を出していたメーカーの中でもスズキ、マツダ、三菱あたりは多くの方の支持を集めています。他にも多くのメーカーの軽自動車がありますが、四輪駆動となるとこの三社の知名度はかなりのものです。例えばスズキのジムニーは燃費や重量を引き換えにとにかく耐久性にこだわりぬいたスタイルが多くの支持を集めていますし、ダイハツのテリオスキッドは生産こそ終了したものの現在も多くの支持を集めており、中古車市場でも人気の車種として知られています。

 

4WDの軽自動車を選ぶ際は使用目的や乗り心地、利便性など様々な要素の中から自分に合ったものを見つけるのが一番重要です。人気のある車種を選ぶのも良いですが最終的には自分が気に入ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

軽自動車は手軽に購入する事が出来ることから多くの方が利用していますが、冬に雪が降り積もるような地域では馬力が少ない分運転が心配という方が大勢います。冬道は非常に滑りやすいですし、時にはわだちのせいで道ががたがたになってまともに運転するのも一苦労になることも多々あります。そんな冬道運転をスムーズに行いたい場合は四輪駆動車に乗るのが一番です。

 

軽自動車にも当然ながら四輪駆動車が存在するので、冬場道路状況が大きく変化するような環境で暮らしているという方は四輪駆動車を選ぶのがベターでしょう。軽自動車の中には一般道向けの四輪駆動車もあればジープのように悪路をどんどん進めるような軽自動車もあるので住んでいる環境や使用目的に応じてどのタイプの自動車を選ぶか決めるようにしましょう。

 

中には安いから二輪駆動の車にしたいという方もいるかもしれませんが、冬道で二輪駆動車を利用するのは少々難易度が高いかもしれません。坂道発進はスムーズに行なう事が出来ますが車体バランスが偏っている分カーブの際は注意が必要なので運転時は気をつけましょう。中には4WDと2WDの選択が出来る車種もあるのでそちらを選ぶのも良いかもしれません。